【大阪で話題】社員食堂は社員の満足度を急上昇させる!|Training System
HOME>イチオシ情報>【大阪で話題】社員食堂は社員の満足度を急上昇させる!

雇用者側のメリット

大阪では多くの企業が社員食堂を導入し、雇用者からも従業員からも高評価を得ています。雇用者側のメリットとしては、福利厚生面で大きくアピールできることが挙げられます。昨今の人手不足で人材確保に悩んでいる企業も、社員食堂があれば従業員の満足度を向上させられるでしょう。また食事の面から従業員の健康増進を図ることで生産性アップを期待できるとか、職場のコミュニケーションが活性化するといったメリットも考えられます。

従業員側のメリット

従業員側のメリットとしては、何と言っても安くて健康的な昼食ができることでしょう。大阪のオフィス街にも飲食店はありますが、昼食がとれる場所は限られてきますし、会社から店まで往復するだけで時間を取られてしまいます。社員食堂があれば雨の日でも外出することなく食事ができ、昼休みの時間を有効に活用できます。従業員の健康を考えたメニューであれば、コンビニ弁当やパンなどに比べて、栄養が偏ったりする心配もありません。

3つの方法を比較

大阪で社員食堂を導入する方法は、大きく分けて3種類あります。まず開業から運営管理まで、すべて自社スタッフで行う方法です。オリジナル色を出すには最も適した方法ですが、設備の確保から営業免許の取得、調理師の雇用なども含めて大きなコストがかかります。また従業員の評判が芳しくないと赤字を増やしてしまいます。次に給食専門の子会社を設立して運営を任せる方法です。この方法もイニシャルコストがかかるという点では、自社で運営する方法と大きくは変わりません。

外部委託する方法も

第3に外部の給食業者へ委託するという方法があります。社員食堂運営のノウハウを必要としないことや、初期費用もランニングコストも安く小規模な企業でも導入できることから、大阪では幅広く採用されている方法です。

広告募集中