リファラル採用のアプリケーションが人気の理由|Training System

良い社員を採用したい

人手不足が日本の社会問題となっています。社員獲得を苦労している人事担当者の方も多いのではないでしょうか。ここではその解決策として注目されているリファラル採用について紹介していきたいと思います。このサイトを参考に今後の採用方法を検討してみてはいかがでしょうか。

リファラル採用を導入した企業の口コミ

認知を徹底しよう

リファラル採用を導入しても認知が徹底されなければ意味がありません。我が社ではリファラル採用を認知するために社員に説明会を開きました。社員に理解してもらうことが成功の秘訣です。

インセンティブを提供

我が社では紹介した社員にもメリットがあるようにと採用が決定した場合、インセンティブを提供することにしました。

定着が良かった

リファラル採用で来た社員は長く勤める意志があることが多いです。また、知り合いの社員がいることでコミュニケーション不足になることが少ないので、安心しています。

見直される縁故採用

ビジネス

「縁故採用」というと能力のない人がコネで入社してくるというネガティブなイメージを持たれがちです。しかしアメリカではリファラル(縁故)採用のほうが一般的であり、日本でも最近ではメリットが再注目されています。

雇用者と従業員双方に利点

スーツの人たち

たとえば有能な技術者は技術者同士の個人的な繋がりを持っていることが多く、社員からの紹介で別の有能な人材を発掘することが可能になります。一方の新規採用者の側でも、最初から会社に知人がいて雰囲気が分かっているので職場に馴染みやすく、定着率が高いという特徴があります。深刻な人手不足が叫ばれる昨今、定着率の高い優秀な人材を確保できるリファラル採用は、労使双方にメリットのある制度として見直されているわけです。

デメリットを克服するには

リファラル採用を実施するには、人事担当者が社員に知人を紹介するよう働きかける必要があります。しかし単に呼びかけただけではスムーズに進まないのが一般的です。社員にとって何らかのインセンティブがなければ、わざわざ知人を紹介しようとは考えないでしょう。紹介しやすいフォーマットを作成したり、紹介実績と報酬の関係を明確化したりする努力も必要です。リファラル採用ツールは、このような手段を簡素化するために導入されます。

ツールの内容とは

リファラル採用代行サービスの内容は、業者によって多岐にわたります。まずコンサルティングに始まり、社員へのアナウンスや採用目標数の設定などが基本内容に含まれます。また多様なデバイスから紹介できるツールや、紹介された情報を管理して選考の資料にするツール、紹介活動の実績をトラッキングするツールなども用意されています。こうしたツールの活用で人事担当者の負担を減らし、効率的な採用活動とインセンティブの付与を同時に実現できるでしょう。

広告募集中